Skip to content

各当道府県にある農業系の組合からの獣医師の求人

各当道府県にある農業系の組合からの獣医師の求人

各都道府県にある農業系の各組合では、産業動物と呼ばれる主に農家で家畜として扱われている牛や馬、豚などの診察、治療、予防のために必要な獣医師を毎年求人、募集しています。

その求人の範囲は、新卒から中途採用まで幅広く募集されていますが、採用人数は各県共に毎年数名であり、狭き門です。

この産業動物の分野で活躍したい獣医師のほとんどがこの農業系の共済制度を取り入れた組合に就職されるようです。

求人募集時の新卒の場合の給与などは一般の大卒の給与とあまり差がありません。

尚、いわゆる愛玩用のぺットとして扱かわれる小動物(犬、猫など)はほとんど診療することはありません。

しかし、実際に農家の経済を担う産業動物のために活躍できる獣医師となる分、その責任は重いと言えます。

現在、日本で農家での産業動物の家畜数は減少傾向にあります。

海外からの輸入される安価な牛肉・豚肉との価格競争があるためです。

、獣医師として単に予防や診療、治療などだけの時代でなくなりつつあります。

従って、農業の家畜の流通や経営に関する知識も必要なってくるため、その活躍の場は以前に比較すると多くなっていると言えます。

その分従来とは違うやりがいのある職場となってきたとも言えるでしょう。

このうような意味でも、今後の求人については幅広い視野でその情報を集める必要があるでしょう。

国家公務員として求人される獣医師

獣医師を国家公務員として求人募集としている国の機関があります。

検疫に関係がある職場です。

一つは、主に海外からの伝染病を国内に入らないようにするため、主に輸入食品関係を検疫するのが目的の職場です。

もう一つは、生きている動物の伝染病を防ぐための動物検疫所です。

前者が厚生労働省、後者が、農林水産省の管轄で、それぞれ獣医師を求人、募集しています。

このケースでは、技術職員としての扱いとなります。

そして、行政官として採用され、いわゆるキャリアへのコースが用意されています。

従って、将来幹部としても処遇される道が開けています。

検疫官としての仕事が主体となるため、その職務は非常に重大で、主に検体である食品や動物そのものの検疫検査がその仕事となります。

求人募集される獣医師の場合は、その検査対象が動物となるので、家畜防疫官としての仕事となるでしょう。

獣医師の求人の募集

空港や港で輸入される動物や畜産物を検疫することなりますが、動物については有資格者のみが携わることができます。

尚、その採用にあたっては、国家公務員試験のⅠ種又はⅡ種に相当する採用試験に合格する必要があります。

Categories: .